今回ご紹介させていただくのは、家具や小物等を販売されている店舗の入口のドア窓に「強化ガラス(5mm)」を施工されたS様の事例です。

今回ご注文いただいた商品

今回は、サイズ違いの「強化ガラス(5mm)」を2枚ご注文いただきました。どちらもサイズが大きめで、1枚の重量が21kgとなっています。切断面の処理は、枠に収めて施工するとのことで2枚とも「糸面【C】」でご注文いただきました。

1枚目

品種強化ガラス透明 5mm
形状四角形
サイズ横1371mm × 縦1200mm
切断面の処理糸面【C】
数量1

2枚目

品種強化ガラス透明 5mm
形状四角形
サイズ横1795mm × 縦918mm
切断面の処理糸面【C】
数量1
ガラスの重さと正しい持ち方

実際に重量が21kgといわれても「どれくらいの重さなの?」、「何人いれば持ち上げられるのか分からない」と思う方も多いはず。実際に、女性と男性に分かれてガラスを持ち上げる実験をしてみました。また、正しい持ち方についても紹介していますので、参考にしてくださいね。

お客様からいただいたお写真

後日、S様から施工されたお写真をいただきました。大きな木製ドアが素敵なお店ですね。ガラスのドア窓のおかげで、店内が見やすく入りやすい雰囲気にしてくれます。

強化ガラスなので普通のガラスの4倍程の強度があり、割れた際にも粉々になるためケガをしにくく安全ですよ。店舗やオフィスなど、人のぶつかる可能性のある場所には、強化ガラスを使用することをオススメします。

S様よりうれしいメッセージもいただいたので紹介させていただきます。

S様より

自社のショップの入り口に使用いたしました。 2枚とも大きく、重く、取扱いに苦労しましたが、 予定通り納めることができました。

いかがでしたでしょうか。今回はドア窓に使用した強化ガラスを紹介させていただきました。店舗用のドア窓ということで、サイズも大きく重量もあったためS様も苦労されたようです。ガラスのサイズが大きい場合は、無理をせず2人以上で慎重に運びましょう。また、正しい持ち方に変えるだけで、重さが軽減されて楽に持ち運ぶことができますのでガラスを運ぶ機会がありましたら、是非試してみてください。

強化ガラスは、ドア窓だけでなくテーブルトップや棚板など様々な用途で使用されている人気のガラスです。気になる方はお気軽にご連絡ください。