今回ご紹介するのは航海に使用される「六分儀」の鏡を交換した事例です。「古い六分儀に小さな鏡が2個ありますが、ともに映らなくなっています。修復または作り替えは可能でしょうか?」とのお問い合わせをいただきました。

六分儀とは

六分儀とは、航海や測量に古くから使用されている機器です。海上で天体の高度や角度を測り、船の現在地を算定させるために使われています。

六分儀とは

施工写真
ご注文内容
お客様の声

動鏡と水平鏡の2箇所の鏡を交換しています。天体の映像は動鏡で反射して水平鏡に送られ、そこからさらに反射されて望遠鏡に送られる仕組みなっています。こちらの六分儀、昭和24年製のものとのことですが、保存状態も良く綺麗なため、鏡を交換しただけで問題なく使用することができそうですね。

  • 動鏡:天体を動鏡に反射させて水平鏡に像を送る
  • 水平鏡:動鏡からの映像を反射させて望遠鏡に送る

六分儀の鏡を交換した事例-1

普通ミラー

品種/形状/数量 ガラスミラー5ミリ / 四角形 / 2枚
サイズ
  • 横32mm × 縦21mm
  • 横48mm × 縦33mm
切断面の処理 糸面【C】

この商品のページはこちら

お客様よりいただいたメッセージ

無事、交換ができたようで安心しました。貴重なお写真ありがとうございます!

I様より

お世話になります。貴社の丁寧な対応には感心いたします。さて、制作していただいた鏡は、航海用の「六分儀」に使用するものです。写真のとおり、昭和24年製のもので、友人から今月頂いたものです。 メーカーでの修理対応もなく、困っていたのですが、貴社に出会って命を取り留めました。なんとか、使用できそうです。

この「六分儀」は、太陽、月、恒星、惑星の高度を測り、船の現在地を算定するためのものです。20年くらい前からGPSが普及し始め、現在では、ほとんど使用されていません。しかし、この電子化の時代に、このような方法で船の位置をだすことは夢がありますね!では、失礼いたします。

オーダーサイズで鏡を製作いたします!

いかがでしたでしょうか。今回は、六分儀の鏡を交換した事例を紹介しました。弊社ではオーダーサイズで1枚から製作が可能なため、今回のようにサイズぴったりの鏡をご用意することができます。鏡の交換でお悩みの方は、お気軽にご相談ください!

OOKABE GLASS では鏡をお客様のご希望のサイズで製作・販売しています。規格サイズのガラスミラーの場合、より安い価格・より短い納期でお届けします。鏡に関するご相談や購入のご検討の場合はこちらのお電話番号(0570-01-0088)までお気軽にお問合せください。専門のスタッフが誠意をもって対応させていただきます。