光の反射を抑えて展示物や作品を引き立たせてくれる低反射ガラスには、様々な種類があることをご存知ですか?今回は、ノングレアS、クリアサイト、反射防止フィルムの3種類で反射の比較をしていきます。低反射ガラスをお考えの方は、ガラス選びの参考にしてくださいね。

それぞれの低反射ガラスの特徴

ノングレアS

ノングレアSは、細かい凹凸を表面に付けたガラスです。この凹凸で、光が拡散され、反射を抑えることが出来ます。対象物をガラスから離すとすりガラスと同じように映像がぼやけて見えませんが、ガラスを密着させることで透過して透明に見えます。

低反射ガラス-ノングレア(2)

対象物と密着させた場合対象物から離した場合
ノングレアSの特性について詳しくはこちら!
ノングレア

ノングレアについて動画付きで詳しく説明しています。

クリアサイト

反射を抑えるための特殊コートをガラスの両面にコーティングすることで反射や映り込みを抑えることの出来るガラスです。また、屋外で使用できガラス厚が5mm、8mmと厚みがある点も特徴です。

低反射ガラス-クリアサイト(1)

反射防止フィルム

普通ガラスに反射防止の機能があるフィルムを貼ったガラスです。映り込みの低減、紫外線のカット、帯電防止効果、飛散防止効果をあわせ持った多機能なフィルムです。

反射防止フィルム

低反射ガラス3種類を比較してみた!

それでは、ノングレアS、クリアサイト、反射防止フィルムの3種類の低反射ガラスを比較していきましょう。動画でも紹介しておりますので、ぜひご覧ください。

×3種類を並べて比較

まずは、3種類の低反射ガラスを並べて比較していきましょう。ノングレアSは対象物から離れているためぼやけて見えます。クリアサイトは、蛍光灯の反射が青く見えますね。反射防止フィルムは反射がほとんど目立ちませんでした。

低反射ガラス(5)-

低反射ガラスとフロートガラスの違い

それぞれの低反射ガラスとフロートガラスの反射の違いも見ていきましょう。

ノングレアS

フロートガラスと比較すると反射が抑えられているのがわかりますね。また、ガラスがほとんど目立っていません。

低反射ガラス(7)

低反射ガラス-フロート-ノングレア(3:2)

クリアサイト

クリアサイトもフロートガラスと比べて反射率が10分の1のため、反射がほとんど目立っていません。

低反射ガラス-フロート-クリアサイト(3:2)

反射防止フィルム

反射防止フィルムも反射をしっかり押さえていることがわかります。フィルムが目立つこともなく、ノングレア、クリアサイトと変わらず反射防止効果があります。

低反射ガラス-フロート-低反射ガラス(3:2)

検証結果

3種類の低反射ガラスを比較した結果、反射の違いはほとんどなくどのガラスも反射を大きく抑えてくれることがわかりました。

対象物に密着させて使用する場合は「ノングレアS」、店舗のショーケースやショーウィンドウなどには「クリアサイト」や「反射防止フィルム」をオススメします。

額縁のガラスノングレアS
ショーケース、ショーウィンドウクリアサイト、反射防止フィルム

低反射ガラスについてお気軽にご連絡ください!

いかがでしたでしょうか。今回は、3種類の低反射防止ガラスの比較を行いました。使用用途によってオススメのガラスが変わってまいりますので、お気軽にご相談ください。

OOKABE GLASS では、ガラスをお客様の希望の形状やサイズに合わせて、製作・販売しております。ご購入を検討されている方はこちらのフリーダイヤル(0120-12-4466)まで、お気軽にお問合せください。ご相談やご質問もお気軽にどうぞ。ガラスの専門スタッフが丁寧に対応いたします。