大型鏡の取り付け工事にご不安はありませんか?鏡はお客様の姿を映し出すため、サービスの質が問われるポイントの1つです。ダンススタジオやスポーツジムの鏡はとくに、壁一面を歪みのないキレイな鏡張りにしたいものです。

とはいえ、どうしたらキレイに大型鏡を取り付けられるのか心配ではないでしょうか。

  • スタジオに大きな鏡を貼り付けたときに、映像が歪んでいた
  • 鏡と鏡のつなぎ目の映像にズレある

こんなことは聞いたことがあるのではないでしょうか。これらは、実際に鏡を取りつけた後に発生することがある2つの事例です。鏡を並べて取りつけると、壁の歪みに合わせて鏡も歪みやすく、つなぎ目の映像がズレることもあります。

そこで今回は、100回以上の施工実績があるプロの取り付け方法を紹介します。鏡の枚数が多くなるほど、取り付けが難しいとされる大型鏡の取り付け。プロは、壁や床の状況を確認しつつ、鏡をキレイに貼り付けます。どうしてプロがキレイに鏡を貼りつけられるのかを紹介します。

今回取りつける鏡の大きさはコチラ!

取り付け位置の寸法詳細

取り付け用品の紹介

鏡を取り付ける流れは、大きく3つの工程に分かれます。今回使用する取り付け用品を、工程別に分類しました。

①位置決めに必要な道具・部材

②金具取り付けに必要な道具・部材

③鏡の取り付けに必要な道具・部材

コレを使うからキレイに貼れる!プロが使う3つの道具

歪みのないキレイな大型鏡を取りつけるときに、プロが用いる3つの道具です。鏡の映像を繊細に調整するために欠かせない道具を紹介します。

10ステップでわかる!大型鏡の取り付け

  1. 取り付け位置に印をつける
  2. 鏡の映像調整をしやすくする「片長チャンネル」を取り付ける
  3. 鏡の高さ調整に使う「セッティングブロック」を設置する
  4. 壁と鏡のスペース確保のために「ミラーマット」を貼る
  5. 鏡を一度置き、鏡の高さを調節する
  6. 鏡を固定する「ミラーボンド」を壁に塗る
  7. 鏡を貼りつける
  8. 映像の調整を行う
  9. 金具と壁の隙間を「シリコン」で埋める
  10. 施工完了!

1. 取り付け位置に印をつける

仕上がりイメージ

鏡を貼る位置の確認をする

床から鏡を浮かせたい高さに印をつける

上側も印をつける

壁紙のある壁の場合は印をつけた後に壁紙を剥がしておきましょう!

壁紙のある壁の場合

壁紙が貼られた壁の場合は、マーキングを行なった後に、貼り付け位置の壁紙をはがしてください。壁紙を剥がすことで、壁紙が劣化して鏡と一緒に剥がれてくるのを防ぎます。カッターで薄く線を入れてめくると簡単に剥がれますよ。

石膏ボードの壁の場合はアンカーを使用!

石膏ボードの壁の場合

石膏ボードの壁の場合は、ボード下地を探してビス止めを行いますが、下地が取り付け位置にない場合は、アンカーを使用してください

2. 鏡の映像調整をしやすくする「片長チャンネル」を取り付ける

3. 鏡の高さ調整に使う「セッティングブロック」を設置する

4. 壁と鏡のスペース確保のために「ミラーマット」を貼る

5. 鏡を一度置き、鏡の高さを調節する

 

鏡を一度置き、鏡の高さを調節する-6 _1

6. 鏡を固定する「ミラーボンド」を壁に塗る

7. 鏡を貼りつける

ポイント!鏡同士がぶつからないよう、スライドさせる

8. 映像の調整を行う

映像の調整を行う-2

映像調整のコツ!

つなぎ目に段差ができていないかを触って確認したり、離れて見て、映像に違和感がないかを確認しましょう。二重に見えるときは、鏡を手で押します。切れて見えるときは、鏡を吸盤で引っ張ります。

※ボンドが硬化すると鏡が動かなくなってしまうので、施工当日に映像調整を行ってください

映像調整のコツ

映像調整のコツ-2

9. 金具と壁の隙間を「シリコン」で埋める

10. 施工完了!

※ボンドは3日ほどで硬化します。その間は触らないようにしましょう。

施工完了です!

壁に大型ミラーを貼るときは、施工もあわせて依頼がオススメ!

施工について

壁一面に鏡を取りつけるときは、繊細な映像調整や傾きの調整が必要です。とくに鏡の枚数が4枚以上となると、映像調整が極端に難しくなるため、プロへの依頼をオススメします。当サイトでも鏡の取りつけまで対応いたしますので、お気軽にご相談ください

取り付け依頼はこちら

お問合せ・お見積無料!お気軽にご相談ください。

もちろん鏡のみのご用意も可能です!

鏡のみのご用意も可能

ご自身で施工ができる方や、知り合いの業者に依頼したいという方には、鏡のみのご用意も可能ですので、お気軽にご相談ください!

鏡のご注文はこちら

工事費を節約したい方にオススメ!カンタンに設置ができる「パネルミラー」

誰でもカンタンに鏡の設置ができる鏡です。床から立て掛けて鏡を並べるだけで、壁一面を鏡にできます。また、L字アングルを使って床から浮かせられたり、パネルに貼る鏡のサイズを調整したりもできます。工事費を節約したい方は、パネルミラーがオススメです。

パネルミラーについて

商品名 パネルミラー
サイズ ・メジャータイプ:900mm×1800mm
・サイズオーダーでも製作可能です
特徴

・規格サイズは短納期・低価格!
・修理・交換OK!安心の製品保証付

パネルミラーについてもっと見る

大型ミラーの取りつけをお考えの方は、お気軽にご相談ください。

今回は、プロが行う!鏡を壁一面に並べて取りつける方法を紹介しました。鏡と一緒に取りつけるときに必要な道具もご用意いたします。大型ミラーの取りつけをお考えの方は、お気軽にご相談ください。