店舗の看板や間仕切り、ウェルカムボードなどによく使用されているガラスの印刷。白色の透過率を変えることができるのをご存知ですか?「透けたような仕上がりにしたい」と言う方にはオススメの印刷ですよ。そこで今回は、ガラスの白印刷の透過率による見え方の違いを紹介していきます。

透過率の違い

まずは、透過率の違いを実際に見比べていきましょう。通常100%での印刷を行っていますが、透明感を出したい場合は50%や10%が人気の透過率ですよ。20〜40%や60〜90%は見え方に大きな差はありません。

透かして見るとより透過率の違いも分かりやすくなります。100%だと後ろにある植物も全く見えません。10%だとうっすらと白いですが、背景がはっきりと見えますね。

お客様ご自身でデータを制作いただく場合

印刷データは、PhotoshopやIllustratorでの入稿をお願いしております。その際に、透過率を変えたい部分のレイヤーを別にして制作をお願いします。

入稿方法など詳しくはこちらをご覧ください!

実際に印刷するとどう見えるの?

今回は透過率100%と40%で印刷した施工事例を見ていきましょう。看板用のガラスに使用されており、正方形の四角4つが40%、その他が100%で印刷されています。ガラスは若干青みがかった色をしているため、透過率が低くなるほど青みがった色になっています。

白印刷(1)
白印刷(1)

ガラスの印刷についてお気軽にご相談ください!

いかがでしたでしょうか。今回は、白印刷の透過率の違いについて紹介しました。透過率を変えて印刷を行いたい方は、お気軽にご相談くださいね。その他、ガラスの印刷について不明な点などございましたらお気軽にご連絡ください。

OOKABE GLASS ではお客様のご希望のサイズでガラスや鏡に印刷し、販売しております。ガラスや鏡の印刷をご検討の場合はこちら(0776-58-2258)までお問合せください。ご相談やご質問もお気軽にどうぞ。印刷の専門スタッフが誠意をもって対応させていただきます。